アフィリエイトで稼ぐとはどういうことなのか

アフィリエイトはよく聞く言葉だと思います。
全く知らない人のためにアフィリエイトの説明をすると、

 

Webサイトやメールマガジンなどが企業サイトへリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して当該企業のサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、リンク元サイトの主催者に報酬が支払われるという広告手法。

 

仕組みとしては成果保証型広告と同じだが、アフィリエイトの場合には、その商品やサービスに関連した情報を掲載するWebサイトやメールマガジンが主な対象となり、それらと電子商取引サイトの間のパートナーシップの側面が強調される。

 

書籍の書評にオンライン書店へのリンクを張る場合などは、それ自体が一つのコンテンツとなるため、サイトと企業の双方に利益のあるマーケティングプログラムだと言われている。

 

企業にとっては、潜在的に商品に関心を持つ層に容易に到達できるというメリットがある。
また、売上に応じて媒体側への支払い額が決まるため、ポータルサイトへのバナー掲載のように成果とは無関係に広告費が決まる他の手段に比べ、極めて費用対効果の高い広告手法と言える。

 

(IT用語辞典参照)

 

って、わかりづらいと感じるかもしれません。

 

 

アフィリエイトの仕組みを簡単に説明します

まず、テレビのコマーシャルみたいなもだとイメージします。

 

テレビ番組を作るのにはお金がかかります。そのお金は企業がスポンサーとして出しているのです。 テレビ番組の合間にコマーシャルがありますよね。それがお金を出したスポンサーです。

 

「提供は・・・」なんて言っているやつです。

 

企業はお金を出してテレビCMで企業の宣伝をしています。これが広告費。

 

話をインターネットに戻して、各ホームページ(サイト)が企業や会社。そこをみたらやたらと関係ない他社のものだったり金融機関の案内、出会い系サイトなども告知していたりします。これがCMです。

 

自分のホームページ(サイト)からその広告先のホームページ(サイト)に飛ぶことによって、自分のホームページがCM代としてその会社や広告を仲介している会社から報酬を得ることができます。

 

その中でアフィリエイトとはその広告出しているだけでなく、クリックしてホームページに行ったり、その先で会員登録したり、買い物したりしてはじめて報酬になるというものがほとんどです。

 

だからCMを出す企業としても、ただ載せるだけでお金が取られるんじゃなく、成果として現れて初めてお金を出す状態なので費用対効果も高く、昔ながらの広告を出すだけで、お金を払うという宣伝方法より断然収益につながる広告ということです。

 

企業側にもメリットが大きい

 

 

たとえば、テレビCMは流すだけで広告費を取られます。

 

しかしアフィリエイトはテレビのCMを見てさらに、「○○の番組の途中のCMを見て注文しようと思ったんですけど・・・」オーバーですが、そういう申込みの状態になって初めてテレビCM費を出している状態です。

 

単に広告を見せるだけでなく、そこから消費者のアクション(申込み等)があって初めて企業が広告料を払い、宣伝をした私たちが報酬をもらうという仕組みです。

 

 

これはインターネットサイトやホームページだけでなく、メールマガジンなどにも応用が利くので最近では参入する企業も増えてきています。

 

なんとなくアフィリエイトが理解できたでしょうか?

 

現在、主なアフィリエイトを運営している成功報酬型のサイトとしては、「A8.net」や「バリューコマース」が有名です。無料で登録できてすぐに始めることが可能です。

 

 

トップへ戻る