開業・運転資金を調達するには

いざ事業を考えたり、SOHOで自宅開業しようとしてもまったくの無一文では難しくなります。副業として今できる範囲で行うものならば必要ありませんが、やはり無いよりはあるほうがいいに決まっています。

 

資金調達には融資や借り入れなどの返済義務のあるものもありますが、中には企業の補助金として返済の義務のないものもたくさんあります。

 

うまくそれらを利用・活用できればさらに事業もうまくいくというものです。
パソコン1台でなんとでもなる時代です。

 

アフィリエイトやネット関係のビジネスならパソコンと電話機さえあれば仕事できます。でも、条件等が整っていて補助金などが受けれるのであれば活用しましょう。

 

資金を調達する方法としていろいろな種類はありますが、ここでは外的なもので、かつ使えそうなものを説明します。特に助成金などは当てはまるものがあるならばしっかりともらえるようになりたいです。

 

事業を運営するためには資金が必要です。無一文からの成功者がいないことはないですが数少ないと言えます。ここ最近で0円から始めて成功した例は一度も聞いたことがありません。

 

現代において、パソコンも持たずインターネットも契約できないままで成功できるでしょうか?

 

事業を形成するためには最低必要額は用意する必要があります。

 

 

>>民間金融機関を使って資金を調達する方法

 

>>政府系金融機関を使って資金を調達する方法

 

>>助成金を使って資金を調達する方法

 

>>一般金融機関を使って資金を調達する方法

 

>>その他、クレジットカードの活用

 

資金調達に関すること記事一覧

民間金融機関とはほどんど銀行のことを指します。今の時代に銀行が融資してくれる話なんてほとんど聞きませんが、行かないよりは行ってみるほうがいいと思います。起業での融資についてはかなり難しいと聞きます。ある程度経営が軌道にのってからの利用が一番多いようです。しっかりとした事業プランや今後の見通しなど含めてキッチリとした書類提出も多いので、ベンチャー系の企業やSOHOについてはそうとう難しくなります。狙...

政府系金融機関とはいわゆる国や地方自治体が融資や貸し付けをしてくれるところです。中小企業や個人事業主に対しても融資してくれるところは多いので、大手銀行に行くくらいならこちらのほうがまだ融資してくれる可能性があります。融資の条件や詳細についてはHPなどを参考にしてみてください。私自身の利用はありませんが、やはりある程度の事業計画や先の見通しがないと厳しいようです。また、融資によってもたくさんの種類が...

助成金のもらい方ここでは大きく分けて2つの助成金をご紹介します。助成金とは借り入れなどではない国や地方自治体からの補助の位置づけになるので、利用できるなら最大限活用することをおススメします。「独立事業でもらえる助成金」について「新規採用の従業員がいる場合の助成金」についてここでは主に、創業・起業に関しての助成金などの一部を紹介していきます。助成金に関しては起業時のほかにも対象となるものが多数ありま...

他の金融機関ではどうしても借りれない。助成金も当てはまるものがない。でも、お金がいる!そんなときの選択肢の一つとして、一般金融があります。一般金融といっても普通の消費者金融でも事業資金として貸し出してくれる金融もあるということですので、各機関に詳細を問い合わせてみてください。もちろん銀行にお金を借りるよりは年利は高くなりますので、なるべくなら避けたいところです。しかし、先のキャッシュインの見通しが...

トップへ戻る