eFAX(イーファックス)のレビューと口コミ

イーファックス申込み

 

従来の紙で送受信するFAXとは異なり、インターネット上でFAXをやり取りできるサービスがあります。
その中でも、使いやすいと評判のefaxについての評価です。

 

 

実際にefaxを契約しています

私は実際にefaxを契約して複数年利用してます。
いろいろなインターネットFAXを試してみましたが、最終的にはefaxに落ち着いている状況です。(2017年11月現在も継続利用中)

 

インターネットFAXを使う強み

インターネットFAXを利用し始めた理由は「個人事業主」になるからでした。

 

それまでは当然のように会社にあるファックス機でFAXの送受信をしていたのですが、独立してFAXを利用するときにわざわざFAX買うの電話機を買うのはバカらしかったのです。少しでも初期費用を抑えようという気持ちがあったので、新しくFAX付きの電話機を設置する気にはなりませんでした。

 

また一日中家にいるつもりもなかったので、FAXを受信しても見れないなと不便さを感じていたのです。

 

インターネットFAXを使う大きなメリットは費用が安いということと、外出時でもFAXの送受信ができるということです。今ではスマホという便利なアイテムがあります。ネット環境がつながらないような山奥ではない限り、いつでもどこでもFAXを確認することができます。

 

さらにefaxでは、専用のスマホアプリがあるので、インターネットに接続して毎回ログインして・・・という手間がありません。専用のefaxアプリから簡単に送受信ができるのです。

 

出先でFAXを送りたいと思った時でもefaxは費用が安い

出先でFAXを送りたいと感じたことがあると思います。コンビニエンスストアでFAXを送る際の料金は1枚50円です。
企業相手にFAXを送る場合などは頭紙(表紙)をつけることが多くなりますので、少なくても2枚100円という費用がかかります。

 

インターネット上で送れるefaxの場合はどうでしょうか?efaxの送信料金は毎月150ページ まで無料となっています。
151ページ目以降のFAX送信料は 10円/ページ(国内宛)という料金です。

 

150ページ分の無料送信分があるだけでなく、超過分に関してもたった10円で送れるのです。コンビニエンスストアでFAXを送信するよりずっと安い料金なのです。

 

過去のFAXを探すのもefaxなら簡単に

あのときのFAXどこにやったかな?という紙ベースのFAXの悩みはまったくありません。見終わったFAXを捨ててしまったけど、再度見返したり確認したいことが出てきたりすることもあります。

 

そのときに送り主に対して「もう一度送ってほしい」と言いづらいですよね。そんなときでもPDFファイルで管理できるefaxであれば、昔のFAXも簡単に見返すことができます。

 

請求書や見積書のように何度も送ってもらうのは気が引けるような書類でも、インターネットFAXであれば非常にスムーズです。

 

efaxで受信した文字は見づらくない

いくつかのインターネットFAXを利用してきましたが、efaxはきれいな方だと思います。
他社インターネットFAXの中には文字がつぶれてほとんど読めない状態のサービスもありました。

 

これらは各社とも日々の企業努力によって以前に比べて見やすくなっていると思いますが、受信したFAXの文字が読める読めないは大きな問題です。実際にefaxでの受信画像がありますのでご覧ください。

 

以下の2パターン

  1. 申込直後に送られてくるファックスのデータ
  2. 「eFax」から送信し、「eFax」で受信

 

1.eFax申込み時に送られてくるデータ(実際はもっとキレイ)

※画像クリックでより大きな画像が見れます
イーファックス画質

 

これはアップする画像サイズの都合なのですが、実際はもう少しきれいです。
日々進化しているので現在はこの画像よりもキレイになって文字がクッキリしています。

 

 

2.「eFax」で送信して「eFax」で受信

※画像クリックでより大きな画像が見れます
イーファックス受信

 

来たデータFAXに対して、再度送信したものです。
経験がある人はご存知だと思いますが、FAXを送りなおすとひどい状態になります。
しかし、それに比べると予想以上にキレイじゃないでしょうか。

 

 

efaxのトラブルに関して

これまで何年もefaxを利用してきましたが、これといった不具合やトラブルはありませんでした。インターネット上の口コミでもトラブルに関する情報は少ないほうだと思います。efaxには無料利用期間がありますので、ご自身で実際にFAXを送受信することができます。

 

もしefaxの利用を始めたあとに不要だと感じればすぐに解約できるというのも、インターネットFAXの良さです。通常のFAX機のように、面倒な電話回線を解約する手続きをして使わなくなったFAX機を押し入れに片づける必要もありません。

 

efaxのまとめ

昨今では企業間のやりとりもe-mailだけでなくLINEを使うことが増えましたが、まだまだFAXを必要とする業種がたくさんあります。
年配の個人経営者の方だとFAXで送ってほしいとか、見積書をFAXで送るということを言われることも多くあります。

 

インターネットFAXの代表格であるefaxの良いところはいくつもありますが、私自身がメリットと感じている点は

  • 気軽に始めることができる
  • 気軽にやめることができる
  • 初期費用を考えなくていい
  • 出先でもFAXを簡単に送受信できる
  • いちいち紙で処理しなくていい
  • いつでも見返すことができる

というところでしょうか。

 

逆にデメリットと感じるところも挙げておきます。

  • 紙のようにちょっとだけ修正して送る場合は面倒

→修正できるスマホの無料アプリを入れて対応しています。

 

 

全く必要のないと思われる利用層は、

  • 社員がたくさんいて、出先でも電話一本で部下がやってくれる
  • 経費を気にしなくていい雇われの会社員
  • パソコンやスマホがまったく受け付けない体質の人

くらいでしょうか。

 

気軽に始められて気軽にやめることができると思いながら、契約してもう数年が経過しました。
こんなに長く使うつもりはありませんでしたが、今では手放せないものの一つとなっています。

 

インターネットFAXを探しているという方はefaxを無料体験してから検討してみるのがおススメです。
実際に触れてみると、思っていた以上に使いやすさが実感できると思います。

 

 

 

※記載されている情報は2017年11月現在のものです。

トップへ戻る