資金繰り,起業,クレジット,審査,SOHO・副業・アフィリエイト・金融・ノマドで稼ぐなら

クレジットカードについて

クレジットカードは成人して定職に就いていれば誰でも必ず1枚は持っていると言われています。

 

使用金額に応じてポイントがたまったり、現金を持ち歩く必要がなかったりと便利な面もあり、多くの人がクレジットカードを複数枚持っているようです。

 

外国では特にクレジットカードは生活の必需品としてだけに限らず、利用が本人の身分証明書としてもされることもあります。そういったこともあり、海外旅行にはクレジットカードは必ず持って行ったほうが何かと便利です。

 

このクレジットカードを所有するため必要なのは、クレジットカード会社の事前の審査です。
クレジットカードは一般的ものなであれば、問題なくほとんどの人が審査に通り所有することができるでしょう。ゴールドカードやプラチナカードと呼ばれるクレジットカードは、収入や仕事内容などの審査条件が特に厳しくなります。

 

申込み時には、過去のクレジットカードの利用履歴や返済状況などもチェックされ、これらは重要な審査のポイントになります。過去に支払いを滞納したことのある人や破産経験のある人には、ほとんど申込み時に断られてしまいます。また一度断られたクレジットカードと同じ系列の会社に申込みをしても、なかなか審査に通らないそうです。

 

あれば便利な使い方もできるクレジットカード。審査条件に合えば所持できる!

 

クレジットカードの審査内容

クレジットカードを新しく作りたいと思った場合、クレジットカードの申し込み時の審査内容が一番気になります。審査に通らないケースがよくあるのが、特に決まった仕事についていない人や過去にクレジットカードの支払いが滞った経験のある人です。

 

通常、クレジットカードの審査には本人の勤め先や収入、過去のクレジットカードの履歴などが、住所や名前など本人の身分確認に加えて検討されます。特に勤務先の確認は実際に行われるケースも多く、クレジットカード会社から所属の確認として電話が入ることも少なくありません。

 

さらにキャッシングやリボ払いができることも多いのがクレジットカードなのですが、その限度額が収入に応じて決まります。さらに今現在クレジットカードを何枚か所有している場合は、その借入れ額や返済状況に問題が無いかどうかも審査の重要なポイントです。

 

その中でも、クレジットカードを初めて作成する場合、審査も実績がないだけに厳しくなる傾向がありますので注意しなければなりません。いわゆるクレジットカードによる事故といった、過去に支払いが滞ったりしたことのある人も、その情報はクレジットカード会社が利用する信用情報会社にすでに伝わっています。

 

複数枚のクレジットカードに申込みをしても、クレジットカードの利用で過去に問題が無い人なら所有することができるでしょう。反対に、異なるクレジットカード会社に申込みをしても、信用情報会社の所有するトラブルデータによって、過去に何かしらの問題を起こしていたことがあれば、クレジットカードを所有できない可能性が高くなるといえます。

 

勤務先や収入額が審査の重要ポイント!過去の履歴は必ず見られます

クレジットカードの審査が通らないケース

クレジットカード会社の審査に、クレジットカードを持ちたくても通らないといったケースがあります。

 

その中でも一番多いのが、決まった仕事に就いていない状態、つまり安定した収入がない場合はに持つことが難しくなるというものです。特にクレジットカード会社も発行するかどうかの審査も厳しくなりやすいのは、アルバイト生活の人や学生で、収入が安定しないからでしょう。
昔はクレジットカードの中でも年会費がかからないはものは比較的審査も甘いので所有しやすいと言われていましたが、現在はほとんど関係なくなってきています。

 

重要なポイントになるのが過去の返済状況の確認なので、所持しているカードがある場合は、くれぐれも支払いを滞納しないように気をつけてクレジットカードを利用しましょう。カードローン、キャッシングの支払い残高が多い人や破産経験のある人に対しては、発行するには慎重にならざるをえないのがクレジットカード会社です。破産経験のある人は特に、ブラックリストから5年から7年は情報が消えないと言われているので、クレジットカードがその間は作成しにくいといいます。

 

意外にも審査に通らないことがあるのが、クレジットカードを所有したことがない場合です。特に注意が必要なのは、クレジットカードを持っているにもかかわらず使用履歴が一切ないような場合もチェックされやすいということです。クレジットカードをある程度利用していて、滞りなくきっちりと返済もしているならば、問題ないとクレジットカード会社も判断してくれる傾向があるといいます。

 

 

審査が落ちる大きなポイント

以下に当てはまる点があればカードの発行は難しい状況です。

  • 過去に支払いの延滞履歴がある
  • 破産の経験がある
  • 定職についていない
  • すでに複数のカードを所持している(キャッシング枠が多い)

 

 

クレジットカードの発行会社の立場なら、
「きちんとした収入があって、使ったお金を約束通り返してくれそうな人」
という考えの基に発行していると言えるでしょう。

 

トップへ戻る