担保が不要となる無担保ローンとは

担保を必要とせずとも融資を受けることができるローンを無担保ローンといい、多くの人が利用しています。

 

ローンを組む時に担保なしでできるのかと疑問に感じるという人もいます。しかし実を言えば、最近では無担保のキャッシングやローンの存在が、ごく一般的になっています。

 

カードローン、学生ローン、キャッシングなども無担保ローンのひとつと言えます。担保を必要としているローンは、今でも一般的な存在です。担保かが必要なのは、借入金額が高額なものになりがちな住宅ローンなどが代表的です。

 

 

 

借り入れ金と同等程度の価値のあるものを担保に入れることで、抵当権をつくっています。
その反面、少ししか借りない客に対しては、無担保でのローンが可能になっています。

 

担保がなければ借りられないローンと異なり、無担保ローンは返済不能になるとその金額が金融会社の損になります。金利が有担保に比べて高くなっていることが多いようです。担保のいるローンよりも返済期限が短く設定されていたり、利用限度額が低めに抑えられていたりと、様々なデメリットがあります。

 

いくつか制約はありますが、担保なしで借りられる無担保ローンは気軽に融資が受けられる人気の商品です。

トップへ戻る