資金繰り,起業,クレジット,審査,SOHO・副業・アフィリエイト・金融・ノマドで稼ぐなら

公共料金をクレジットカードで支払う場合の注意点

最近は、公共料金をクレジットカードで払える自治体が多くなっていますが、クレジットカード払いの手続きで気をつけるべきことは何でしょう。

 

最も大事なことは、口座自動振替の時は使えていた口座割引が、クレジットカードからの公共料金の支払いには適用されなくなるということです。電気料金や、水道料金の口座振替では、多くの場合割引がされているといいます。

 

両方を口座振替からクレジットカード払いにした場合には負担が増えることになります。逆に、ポイント還元がされますので、どちらがより得かを比較して計算することです。

 

即日にお金を借りたいなら

 

自治体の中には、口座引き落としでも割引をしていなかったところもあります。その場合は比べるまでもなくクレジットカードがおすすめです。クレジットカード払いと、銀行からの口座引き落としのどちらがいいかは、クレジットカードの特典によって違います。

 

年会費がかからず、ポイント換算率が利用額の1%なら、クレジットカードが有利です。クレジットカードで支払う場合、決済額が大きいほど、お得な支払いが可能になります。

 

公共料金の支払をクレジットカードでする場合には、すべての支払を同じクレジットカードにまとめることが大切です。違うクレジットカードで払っていると、ポイントが貯まらず、なかなか使うことができません。

 

効率的にポイントが貯まるような支払い方で、公共料金のクレジットカード払いをしましょう。

 

トップへ戻る