資金繰り,起業,クレジット,審査,SOHO・副業・アフィリエイト・金融・ノマドで稼ぐなら

公共料金をクレジットカードで支払うとどうなるか?

クレジットカードで公共料金の支払いが可能な自治体が最近は増加しているようです。公共料金の支払いにクレジットカードを使う魅力とは、どこにあるのでしょう。

 

コンビニ支払いや、口座振替で公共料金の支払いを行っている人も少なくはありません。口座引き落としよりもクレジットカードで支払う方がポイントがたまる分だけお得です。口座からの引き落としではポイントは何も入りませんが、クレジットカードを使えば支払い額に応じたポイントを貯められます。

 

 

 

クレジットカード会社によって違いますが、おおよそ支払い額の0.5%から1.5%くらいをポイントに換算します。各家庭によって公共料金の支払い額は異なりますが、ガス、水道、電気などを合計すると4万から5万程度になります。月々の支払いを合計すると、1年で50万円を超えるような額の支払いになるので、1.5%といってもないがしろにできません。

 

口座引き落としでは、毎月ただお金を引かれるだけで、それ以上のものにはなりません。クレジットカードで支払うようにすれば、還元される分得をするのでおすすめです。

 

自治体によって、クレジットカード払いが可能な公共料金が異なりますので、何から始めればいいかをよく調べてみてください。もし、お住まいの地域の公共料金がクレジットカード払いに対応しているなら、利用してみるといいでしょう。

 

トップへ戻る