8.行動する

自分がやろうと決めたら行動あるのみ。
まずは行動。

 

やろうと決めたときに行動。
できれば当日・悪くて翌日。

 

どんなことも行動に移します。
正直なところ起業には行動力が一番大切です。

 

やるって決めたならやればいい。
いきなり会社を辞めたり、会社登記することを指しているわけではないです。

 

もしやってみようかなって考えたなら、はじめはそれについて調べればいい。
調べることに対しての行動からです。

 

明日調べよう・今度調べよう・次の休みの日にしよう
そんなことを言ってたらいつまで経っても実行に移すことはできないです。

 

起業とは代表者です。
どんなに規模が小さくても社長です。

 

決断・判断の連続です。

 

実際に、そういう小さな行動を始めてから次の行動に入れます。
どんな事業をするのか?どんなプランを考えるのか?

 

個人的にはある程度の見切り発車でいいと思います。
まずは行動を始めず立ち止まっていると、独立で一番大切な「勢い」がなくなります。

 

「勢い」は一番大切なパワーです。
それがなくなると乗り物も人間も止まります。

 

一度立ち止まると次に動くのに相当のパワーが必要になります。

 

もちろん、まったくの未計画でいきあたりばったりの行動ではダメです。
逆に完全な事業計画を考えてからというのも疑問があります。
どうせ、修正することなんて山ほど出てくるものだから。

 

走りながらも考え、道がそれたら軌道修正。
悪いところは走りながら修理する。

 

「やりたい」「やってみたい」
その気持ちの勢いを大切にして、まずは行動あるのみです。

 

あれやったら儲かる。この仕事やってみたらうまくいく。

 

口でだけで言っている人なんて世の中に腐るほどいてます。
そんな口だけ人間にならないためには、まず行動です。

 

自分を信じて行動することができるようになれば、必ず成功もできると考えています。

 

成功を掴みましょう!

 

 

トップページへ戻る

トップへ戻る