政府系金融機関について

政府系金融機関とはいわゆる国や地方自治体が融資や貸し付けをしてくれるところです。
中小企業や個人事業主に対しても融資してくれるところは多いので、大手銀行に行くくらいならこちらのほうがまだ融資してくれる可能性があります。

 

融資の条件や詳細についてはHPなどを参考にしてみてください。

 

私自身の利用はありませんが、やはりある程度の事業計画や先の見通しがないと厳しいようです。

 

また、融資によってもたくさんの種類があります。
今回は起業に絞った新規事業設立に関連する融資制度の中から、ほんの一部になると思いますがご紹介します。

 

各機関について

商工中金について

 

機関名 商工中金
融資の種類 一般的な融資
使途 設備資金、運転資金
融資期間 原則として設備資金15年以内(内、据置期間2年以内)、

運転資金10年以内(内、据置期間2年以内)

返済方法 分割返済または期限一時返済
融資利率 金融情勢により異なる
担保・保証人 必要に応じて提供のケースも
融資の相談 近くの商工中金の本支店まで連絡。

受付期間は営業日の9時~17時まで。
店舗一覧はこちら)

URL http://www.shokochukin.co.jp/index.html

 

 

日本政策金融公庫について

 

 

機関名 日本政策金融公庫
融資の種類 新規開業資金
使途 新たに事業を始めるため、または事業開始後に必要とする資金
利用可能な人 次のいずれかに該当される方

1.現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
(1)現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
(2)現在お勤めの企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方

 

2.大学等で習得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方

 

3.技術やサービス等に工夫を加えたようなニーズに対応する事業を始める方

 

4.雇用の創出を伴う事業を始める方5.1~4のいずれかを満たして事業を始めた方で事業開始後おおむね5年以内の方

融資限度額 7200万円(内、運転資金4800万円)
返済期間(設備資金) 15年以内(特に必要な場合20年以内)内、据置期間3年以内
返済期間(運転資金) 5年以内(特に必要な場合7年以内)

内、据置期間6か月以内(特に必要な場合1年以内)

利率 金融情勢により異なる
保証人・担保 保証人や担保は希望を伺いながら要相談
URL http://www.jfc.go.jp/

 

 

※上記の内容は2013年2月現在の情報です。
法改正や情勢により変わることがあります。

 

最新の情報は各ホームページよりご覧ください。

 

トップへ戻る