一般金融について

他の金融機関ではどうしても借りれない。助成金も当てはまるものがない。

 

でも、お金がいる!

 

そんなときの選択肢の一つとして、一般金融があります。

 

一般金融といっても普通の消費者金融でも事業資金として貸し出してくれる金融もあるということですので、各機関に詳細を問い合わせてみてください。もちろん銀行にお金を借りるよりは年利は高くなりますので、なるべくなら避けたいところです。

 

しかし、先のキャッシュインの見通しができている場合や、数日間だけの資金というならば計画的に利用することは有効的です。結構、ベンチャー企業を設立して成功している人も一般金融からの利用経験はあるようです。

 

どうしても開業資金や運転資金はある程度かかるものです。抑える努力は必要ですが、ゼロではできません。貯蓄がない場合や誰にも借りれなかったときなどもあると思います。

 

最近では銀行と提携してキャッシングをしているところも多いので、大手でできるだけ年利の安いところを選ぶとよいと思います。

 

一般金融について記事一覧

担保をつけることで、ローンを組むときに返済にかかる期間を延ばしたり、大口の融資を受けることが可能です。債権を、何か理由があって返済が困難になった時に回収できるようにしておくのが担保の役割です。人的担保と物的担保があるのが、担保というものです。保証人などをつけてローンを利用することを、人的担保といいます。保証人をつけておけば、万が一返済が難しくなっても、保証人になった人に債務の支払いが請求できます。...

借り入れ条件として担保が不可欠となっているローンがあるといいます。近ごろよく耳にするには、担保や保証人が必要ないキャッシングローンです。ローンは少し前までは、無担保や無保証人で組むというのは不可能でした。借入額の大きなローンほど、担保を必要とすることが多いようです。借入金額が無担保ローンよりも高額で、長い期間をかけて返済をすることができます。住宅ローンは、担保を必要とするローンで最もメジャーなもの...

クレジットカードにはキャッシング機能がついており、これを利用すれば無担保でローンが借りられます。キャッシング利用時の限度額が、クレジットカードの要項に載っていることがあります。これは、無担保ローンとほぼ同じものとして使えます。すでにクレジットカードに組み込まれています。クレジットカード発行時に審査が終わっていますので、改めて審査を受ける必要がありません。改めてカード会社に申し込むことで、クレジット...

担保を必要とせずとも融資を受けることができるローンを無担保ローンといい、多くの人が利用しています。ローンを組む時に担保なしでできるのかと疑問に感じるという人もいます。しかし実を言えば、最近では無担保のキャッシングやローンの存在が、ごく一般的になっています。カードローン、学生ローン、キャッシングなども無担保ローンのひとつと言えます。担保を必要としているローンは、今でも一般的な存在です。担保かが必要な...

職を得ていない状態でも、何とかしてキャッシングを利用したいということがありますが、無職でキャッシングの審査に通るにはどんな方法があるでしょう。ネットで、無職とキャッシングという検索ワードを使うと、闇金融業者のページに行きがちです。金融業として登録していないところや、法律に違反した融資をしているところを、闇金融業者と読んでいます。ブラック認定や無職などでキャッシングができないという人に言葉巧みに融資...

無職の状態でもキャッシングは認められるのでしょうか。キャッシングでは審査によって信用力が計られます。無職でも審査を通ることはあるようです。しかし、無職であるかどうかに関わらず、条件を満たさなければキャッシングは利用できません。キャッシング会社ごとに他社借り入れの件数の上限は決められています。他社からの借り入れ数が多過ぎると、職を持っている人でもキャッシングは不可能です。審査の一つとして、キャッシン...

トップへ戻る