SOHOで週末起業も

SOHOとは知ってのとおり、「Small Office/Home Office」の略です。

 

会社と自宅や郊外の小さな事務所をコンピューターネットワークで結んで仕事場にしたもの。
あるいは、コンピュータネットワークを活用して自宅や小さな事務所で事業を起こすこと。
出勤に起因する時間的、経済的な無駄が省けるという利点があるが、
業務管理やコミュニケーションで問題が生じるケースもある。(IT用語辞典参照)

 

つまり自宅で簡単に行えるということでSOHO人口が増加しています。
俗にいう週末起業として平日はサラリーマンとして会社に行き、土日を利用して仕事をする人が増えてきているというものです。

 

今まで専業主婦だった人が空いている時間に行うことも増えてきて簡単気軽にできるものです。

 

気をつける点としたら、自宅で行う人が多く仕事と私生活の区別がつきにくい。
財務的なものもそうでしょう。

 

しっかりとした管理で行えばこれほど省エネビジネスはないと思うくらいいいものになります。
毎日の通勤移動時間を全部仕事の時間に充てられるのですから。

 

 

現在会社でもらっている毎月の給料が30万としたら、
週末起業でプラス5~10万になれば一か月の収入もかなり変わります。

 

意外と将来独立をしようと考えている人がテストマーケティングとして週末起業をする人も多いです。
いきなり会社を辞めてから独立するよりもある程度ここで見切りをつけることができます。

 

  • この事業大丈夫かな?
  • このプランでうまくいくと思うのにな。どうかな?

 

そういったときに試しに週末起業ではじめてみればそれだけのリスクは回避できます。
でも、やるときは全力で一生懸命やらないと正確な答えは出ないため、
やるならその時間は本気で取り組む。
当たり前ですが、それは仕事だからです。

 

これらを気軽な気持ちで始めることも否定はしません。

 

 

あえて会社を辞めて独立に向けたテストマーケティングとしてするならば本気が望ましいと言えます。

 

しかし趣味の延長で始めたり、空いてる時間がもったいないからと始めている人も多い現状です。

 

それから結果的に利益が出てきて独立したという人もよく聞く話です。
まずはいろいろ悩むより、とりあえずはじめてみることが大切です。

 

最近ではSOHOという言葉を聞くことがほとんどなくなりました。
大きな意味では「ノマド」や「フリーランス」がこれにあたるのかもしれません。

 

トップへ戻る